体重だけでは判断できないメタボと肥満の違い

それほど太っているように見えなくても、メタボリックシンドロームと診断されることもあります。メタボは、体重が多いことが条件の1つとなっていますが、肥満だからメタボだと断言するようなことはできません。

肥満とは、お腹まわりのサイズが男性で85㎝、女性で90㎝以上あり、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算できるBMIが25以上になる人です。肥満の人をメタボと考えている方がいますが、肥満とメタボは似て非なるものです。内臓脂肪症候群という名称でも呼ばれているメタボリックシンドロームは、将来的に思い疾患を発症する可能性があるために、早期の対応が求められている状態です。色々な身体的トラブルが起きやすい状態になることが、メタボリックシンドロームの問題点です。心筋梗塞や、脳梗塞、高血圧や糖尿病のリスクを高めるという位置づけです。現在、高血圧、高血糖、脂質異常のうちの2つと、内臓脂肪型肥満であることが組み合わさると、診断の根拠となっています。内臓脂肪が多いかどうかが問題になっているため、皮下脂肪による肥満体型の人は、メタボの判断はつきません。

内臓脂肪でなく皮下脂肪だから安心ということはないので、皮下脂肪型の人も対策はとりたいものです。メタボの治療は、最初は動脈硬化の発生や進展防止が治療目標となり、そのために脂肪蓄積の防止する目的での摂取カロリーの適正化と、脂肪を燃焼させるための運動療法を行う形になります。メタボの人を減らそうと、国を挙げて取り組んでいる背景には、健康増進だけでなく、医療費の抑制という目的もあります。健康保険に加入している人は、40歳からは毎年健康診断を受ける義務がありますので、健康チェックをしておきましょう。


PAGE TOP